何を選べばいいのか

笑顔になれた女性

低用量ピルだけではなく、世の中には中用量ピルや高用量ピルといった種類もじつはあります。ただ一般的によく使われているピルといえば当然低用量ピルになってくるでしょう。今回はこの低用量ピルに関して、さらに深く掘り下げてお話していきます。単純に低用量ピルといっても、今は一相性ピルと二相性ピルそして三相性ピルの3種類存在しております。ではこの3種類は一体どのように違ってくるのか?これらの違いは主に飲む順番が異なります。たとえば一相性ピルの場合は本来低用量ピルを飲む期間に必要な21錠全部同じ成分で作られております。これだとめんどくさい順番もまったく気にせずに飲み続けることが可能です。ちなみに国内においてはマーベロンが今人気になっております。そして二相性ピルは二段階に変化する低用量ピルなんですが、こちらの商品はほぼ表に出回るようなことが今ではありません。では三相性ピルは何なのかというと、もちろんこちらは三段階に変化する低用量ピルになります。いろんな種類が今は売られてたりしますが、結局のところどの製品を選ぶのかによって異なるので、詳しく情報収集をする必要が出てくるでしょう。ただ、一相性ピルを服用することに比べると三相性ピルの方が間違いなく副作用がかなり薄いので、できれば三相性ピルを飲む方がここではおすすめできます。もちろん飲む順番が三段階に分かれるので、飲み間違いしないようにしなければいけません。失敗を避けるという意味でいえば一相性ピルの方が良いですし、ちゃんと管理できるなら三相性ピルを飲むようにすると良いでしょう。