実際の副作用とは

椅子に座って考えている

初めての低用量ピルだったら、やはり怖いのが副作用だと思います。もちろん副作用に関しては低用量ピルに限らずどんな医薬品を使うときにおいても必ず懸念されるところになってきますが、低用量ピルは世間でも色々なことが噂されていたりするので、そこに流される人にとってはなかなか低用量ピルに手を出すのには抵抗が出てくるのではないでしょうか。では実際に低用量ピルにはどのような副作用が存在するのか?まずよく言われていたりするのが低用量ピルによる肥満現象です。なぜそのように言われるようになったのかというと、まだ低用量ピルが開発された当時というのはさまざまな成分がたくさん配合されていたからです。しかし実際に日本が過去に臨床試験を行った結果、低用量ピルによる肥満はまったく証明されることはありませんでした。つまり低用量ピルによって太ってしまうことはないということです。次に乳がんの噂もよくされていたりしますが、こちらに関しては現在本当にそういったリスクがあるのかどうかが解明されておりません。ただし日本産科婦人科学会ではそのリスクが高くなる可能性は低いとも言われているので、乳がんのリスクに関してもそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。ただし念のために乳がんの治療を現在しているという人は、低用量ピルを飲まないようにした方が良いです。では具体的に今低用量ピルではどんな副作用が立証されているのかというと、ずばり心筋梗塞や血栓症などになります。ただこれらは主に喫煙者にしか発症しないとも言われてたりするので、普段からまったく喫煙をしない人にとってはほぼ無縁な副作用です。